部屋をおしゃれに演出する照明は基本のタイプでも充分

照明の本来の目的は、室内を明るく照らすことです。天候が悪化している日や日没後は室内に灯りが無くては非常に不便で生活に支障が出てしまいます。



このように日常生活になくてはならない灯りも、視点を変えると室内空間をおしゃれに作り上げる演出装置にも使えます。
照明の種類はたくさんあるので、インテリアやお部屋の雰囲気に合ったものを選びましょう。

シーリングライトは一般的なタイプの照明で、天井に設置するタイプはこれに分類されます。
電球をシェードで覆うタイプの、シンプルで癖のないデザインが多いのが特徴です。

おしゃれさを重視する場合には少し物足りないかもしれませんが、どんなタイプのお部屋にも合わせることができるのはシーリングライトならではの良さとも考えられます。

ただ、シーリングライトだけでは室内が暗いので目に良くありません。
いくつかダウンライトやスポットライトなどを組み合わせることで室内の明るさも十分発揮されますし、複数の灯りの相乗効果でおしゃれな雰囲気が出ます。



ペンダントライトと呼ばれるタイプも、照明の中ではよく選ばれている方です。


天井に埋め込んだり直接設置するのではなく、照明をコードやチェーンから吊るします。



ペンダント部分のサイズやデザインパターンが豊富なので、おしゃれな部屋作りに最適です。

室内全体を照らすために使ってもいいですし、特定の部分にアクセント的に設置するのも雰囲気が出ます。

テーブルの上に吊るすと食卓もおしゃれに見えます。